紀貫之

個人情報保護法は「生存する個人に関する情報」が対象ですが、ここの人物情報は、故人の情報が殆どです。そうでない人についても公的な情報しかありません。 国語史グループとの差別化も考えて、オープンにしました。

紀貫之

PDD図書館獨澄旻さん)の人名辞典(http://www.cnet-ta.ne.jp/p/pddlib/biography/frame.htm )旧版には次のようにあった。

きのつらゆき( 872(貞観14)頃〜 945(天慶 8))◇平安前期の歌人。三十六歌仙の一人。没年は 946(天慶<テンギョウ> 9)年の説もあり、享年は七四〜七五。 905(延喜 5)醍醐天皇の命を受けて『古今和歌集』の撰者の一人となる。 930(延長 8)土佐守(トサノカミ)に任じられ、任地で『新撰和歌集』を編纂(ヘンサン)。 935(承平 5)帰京、『土佐日記』を書く。紀有朋(アリトモ)(紀友則の父)の兄弟紀望行(モチユキ)の子で、紀友則(トモノリ)の従兄弟。

* はてなダイアリーキーワード:紀貫之