鈴木正三

個人情報保護法は「生存する個人に関する情報」が対象ですが、ここの人物情報は、故人の情報が殆どです。そうでない人についても公的な情報しかありません。 国語史グループとの差別化も考えて、オープンにしました。

鈴木正三

PDD図書館獨澄旻さん)の人名辞典(http://www.cnet-ta.ne.jp/p/pddlib/biography/frame.htm )旧版には次のようにあった。

すずき しょうさん(1579(天正 7)〜1655(明暦元. 6.25))◇江戸前期の仮名草子作者。名は重光・重三(シゲミツ)、通称は正三(マサミツ)・九太夫、号は石平道人(セキヘイドウジン)・玄々軒、法号は正三。代々の幕臣で徳川家康・秀忠に仕えたが、1620(元和 6)出家。弟鈴木重成(シゲナリ)が島原の乱で武功を立て天草代官になったので、正三も天草に赴(オモム)きキリシタンを一掃すべく仏寺を建て『破吉利支丹(ハキリシタン)』を著す。