鈴木重胤

個人情報保護法は「生存する個人に関する情報」が対象ですが、ここの人物情報は、故人の情報が殆どです。そうでない人についても公的な情報しかありません。 国語史グループとの差別化も考えて、オープンにしました。

鈴木重胤

PDD図書館獨澄旻さん)の人名辞典(http://www.cnet-ta.ne.jp/p/pddlib/biography/frame.htm )旧版には次のようにあった。

すずき しげたね(1812(文化 9)〜1863(文久 3. 8.15))◇江戸後期の国学者。姓は穂積、通称は雄三郎のち勝左衛門、号は橿廼家(カシノヤ)。平田篤胤(アツタネ)の学風を慕うがすでに亡く、篤胤の養子銕胤(カネタネ)らと不和が生じ、江戸在住中二凶徒に暗殺された。