音例

個人情報保護法は「生存する個人に関する情報」が対象ですが、ここの人物情報は、故人の情報が殆どです。そうでない人についても公的な情報しかありません。 国語史グループとの差別化も考えて、オープンにしました。

音例

音例一卷、齋静齋の口授を門人の録したもの、静齋名は必簡・字は大禮、安藝の人、寶暦?十二年(二四二二)の刊。四聲に分ちて升音登咎音羔麗力知反の如き類五百三十字を出し各字一二條の證を列するも其の出典を缺いて居るが陸氏の經典釋文?に本づくらしい。

岡井慎吾日本漢字学史』)