韻鏡正義編

個人情報保護法は「生存する個人に関する情報」が対象ですが、ここの人物情報は、故人の情報が殆どです。そうでない人についても公的な情報しかありません。 国語史グループとの差別化も考えて、オープンにしました。

韻鏡正義編

韻鏡正義編は摩頂?上人の著で寛延四年(二四一一)に成る。この書、中間に韻鏡の序列につきて辨じたるの外には直に韻鏡の末書とも云ひがたきが、さりとて韻鏡を離れた者でも無い。三山張麟之?と有るにつきて大明一統志?九十卷の内で三山と號するが十五處あるから張の傳の詳かならぬに之を福州と定むるも疑はしと云ひ、韻鏡を名字反切の書とするは鶏を割くに牛刀を用ひる類だ(この書は古義標注?よりも二十五年の後)と云ふの類。全部漢文

岡井慎吾日本漢字学史』)