韻鏡看抜集

個人情報保護法は「生存する個人に関する情報」が対象ですが、ここの人物情報は、故人の情報が殆どです。そうでない人についても公的な情報しかありません。 国語史グループとの差別化も考えて、オープンにしました。

韻鏡看抜集

韻鏡看抜集は嘗て東京帝國大學?附屬圖書館に有りて其の第二囘蔵本展覽會にも陳列せられた。寛永元年(二二八四)十一月の宗寛の筆だったが、其の十一年の寫本も同大學の國語研究室に有つた。私の看たは研究室の物だったが今日は倶に存せぬだらう。紙數三十枚足らずのもの、序例、調韻指微?等を本文として頭註が有るが、之も大したもので無い。寫本の末には

寛永十一天甲戊三月廿一曰午刻書寫畢 下野國皆川庄木村にて云々來雲生年(三二八歳)哀哉哀哉

と有った。

岡井慎吾日本漢字学史

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/kokusyokaidai/i/kokusyo_i095.html