高見順

個人情報保護法は「生存する個人に関する情報」が対象ですが、ここの人物情報は、故人の情報が殆どです。そうでない人についても公的な情報しかありません。 国語史グループとの差別化も考えて、オープンにしました。

高見順

PDD図書館獨澄旻さん)の人名辞典(http://www.cnet-ta.ne.jp/p/pddlib/biography/frame.htm )旧版には次のようにあった。

たかみ じゅん(1907. 2.18(明治40)〜1965. 8.17(昭和40))◇小説家・詩人・評論家。本名は高間芳雄(ヨシオ)、俳号は水馬。1933(昭和 8)治安維持法違反の容疑で検挙、転向により半年後、起訴保留で釈放。永井荷風の従兄弟(実父が荷風の父永井久一の実弟)、阪本越郎(サカモト エツロウ)の異母弟。母は高間古代(コヨ)。実父は阪本(「金」偏+「彡」)之助は当時福井県知事だったが、翌年転任。古代は祖母コトとともに三人で上京したが、父と義絶。そのため父に生前に会うことはなかった。(3)誕生日は 2.18。本名高間芳雄。(5)誕生日は 2.18。(9)誕生日は 1.30、戸籍は二月一八日、前年十二月誕生の説もある。本名は高間義雄、のち芳雄。(11)誕生日は 2.18。本名高間芳雄(ヨシオ)。◆荒磯忌(高見順忌)[ 8.17]福井県三国町の文学碑に刻まれた詩『荒磯』から。[八月上旬]高見順の会主催。

* はてなダイアリーキーワード:高見順